前へ
次へ

普通のシミと違うと感じたら肝斑治療が必要

うっかりと紫外線対策を怠り、シミを作ってしまう事は良くある事です。
そんな時には、美白効果のある化粧品などでケアをすればだんだんと薄くなってきますが、肝斑は違います。
これは、女性ホルモンのバランスが乱れるとできるシミです。
多くの人は30歳代になると出てくるようです。
私も30歳頃から、普通のシミとは違うと感じる症状が出てきました。
特徴として、左右対称に大きさや形も同じようなシミです。
点在するようなシミではなく、広範囲に現れるのでメイクでカバーするのがだんだんと難しくなってきます。
インターネットで調べてみると、肝斑治療は色々とあり、どの肝斑治療が良いか悩んでしまいました。
そこで、同年代の友人が肝斑治療をしていたので色々と教えてもらいました。
友人は自己流のケアではなく、皮膚科で受診する事を勧めてくれました。
皮膚科で診てもらうと、やはり私のシミは肝斑でした。
レーザー治療は不安だったので、クリームと内服薬で治療する事にしました。
私が使用したクリームにはメラニン色素の生成を抑える事が期待できるハイドロキノンという成分が入っています。
内服薬にも同じような効果が期待できるトラネキサム酸が配合されています。
個人差はあるようですが、私は1ヶ月ほど飲み続けると効果を感じる事ができました。

Page Top